スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | Edit

星空の誘惑

10夕焼け

この日の美味しいお昼ごはんの後
旦那実家から私の家まで歩いて帰ってきた
旦那は床屋さんに寄り道したから私一人でぶらぶらと
途中で夕暮れがあまりにも綺麗だったから
何枚か撮ってみたわ


10夕焼け1

お天気のいい日だったから
夕方の風も心地よくてほろ酔いの私は
一人で唄なぞ歌いながら…
こんな時想い出す唄はこちら




星空の誘惑 by ユーミン


そしてこの唄の淡い想い出をちらっと


私が24歳くらいの頃 (約四半世紀前?)
そう、バブル景気に翳りが見え始めた時期ね
でも私が勤めてた大手メーカーはまだまだ不景気知らず
私は長年つきあってた彼氏と別れて
プライベートが全くもって暇だったので
会社の上司や同僚と毎晩のように呑んだくれて
夜中に帰ってきてた若かりしあの頃
なにしろお酒を飲むことが楽しくて嬉しくて
一晩で一升くらい平気で空けてたな
ウコンなぞ飲まなくても二日酔い知らずだったわ


そんなバブル期の記事は こちら と コチラ


週休2日制だったから週末には15~20人くらいで
テニスやBBQをやりに会社の保養所なんかにも
遊びに行ってたわ。マイカーを何台か出し合って
その頃の流行りの車はレビンやマークⅡだったな
時代を感じるでしょ


そんな旅行仲間の一人に
密かに好きな先輩がいてね…
全然カッコよくなかったんだよ
背も低いし顔も決してイケメンではなかったの
でも話し方とかお酒の飲み方とかもすごくスマートでね
7歳くらい上だったのも憧れてた理由だったかも


がしかし残念なことに婚約者がいてね
半年後くらいに結婚することになってたの
それも私の大好きな先輩ですご~く素敵な女性だったの
もちろん略奪愛する勇気も自信もなかったのよ~
これほんと。マジバナ
意外と草食系だったのね、今思うと




あるとき




例によって皆で旅行に行って憧れてた先輩と
二人きりで足りないものを買い出だしに行くチャンスがあって
その時の中でかかってたのが
この星空の誘惑だったってわけ。


あ~やっとでてきたね


歌詞の内容がなんかリンクしててさ
設定は違うんだけど

あの時「好きです」って言えば何かが変わってたかも
いやいや、んなわけないけど
今みたくメールなぞは影も形もなくて
ポケベルがやっと普及してきてた頃の話
二人きりにれるだけで(おまけに動く個室で!)
それだけで十分シアワセだったの、私は
なんて可愛いかったんでしょ~



今でもとても仲良し夫婦なんだよ~この二人は
(年賀状のやり取りくらいしかしてないけど)
告白なんてしなくてよかったと今でも思うおばちゃんなのでした



歌っていいよね
その当時の思い出が鮮明に蘇るから
忘れたいことも含めてね



人気ブログランキングへ



そしてやっぱりユーミンはいいね
またCDを聞きたくなってきたわ


そして最近よく想うこと
バブル期を体験した女子は強い
いろんな意味でね

スポンサーサイト
スポンサーサイト
2010.12.04 09:00 | Comment(40) | Trackback(0) | OL話 | Edit

習い事してたの~

練りきりいただいたの

枡酒 151

枡酒 154

枡酒 167

3連発だよん

蛸屋
家の近所に支店がある

名前はわからず
みな少しずつ食べけど美味しかった
なかなか自分じゃ買えないし


OL時代お茶(裏千家)を3年くらい習っていた
理由は友達に誘われたから
それと美味しい練りきりが毎週食べられるから
単純なやつ
島屋の地下に 鶴屋吉信 とかが入っていて
お当番の人が買いにいくの
私が当番の日は予算ぎりぎりの
高~いの買ってたなぁ

身についてない習い事No.1だな


そういえばお茶を習ってたころ、凄いニキビに
悩んでたんだっけ
週1くらいで会社の近くの皮膚科に通ってた
会社に入ってからできたの
それまでは何のトラブルもなかった人だから

お化粧が良くないって医者にいわれて
凄いニキビ顔で会社にいくのは辛かったな~
同時にエステも通ったよ←無意味~
なんか藁をも掴みたいってかんじで

辞めたら自然と治った
なんだったんだろ~?ってかんじ
呑みすぎか?
ストレス??それはないな~
年とったからだね

今は年齢の割には綺麗な肌だといわれる
普段はすっぴんで通してるからなのか
それは定かではないけど
ニキビ跡は残ってしまった
でもそれは私の呑みすぎシールなんだ
一定量を超えると赤いのが浮き出てくる
そうすると旦那っちがそろそろ止めな目線を
送ってくるの…でも呑んじゃうけど


なんかタイトルと趣旨が違ってる…かな
まぁいいか

シミや皺は女の勲章よ~
って方はポチッとお願いします



人気BlogRanking"
2008.10.10 00:10 | Comment(17) | Trackback(0) | OL話 | Edit

懐かしい髪型

先日のOL話がなんか評判がよくて
他にないかな~って探したんだけどさ

いいのがなくてね

これはどう?

枡酒 138
いわゆる聖子ちゃんカット
ちょい短めバージョン

みんなこんな髪型してなかった?

日付けがないからわからないけど
これは入社してすぐくらいかな
昔からピースの仕方が変わってないし。

そしてこの頃がウワバミのように呑んでた頃。

最近めちゃくちゃオモローブログをはじめた eriちゃん の
記事を読んでいて


eriちゃんの記事はこちら→ゆかいなまいにち
クリックするとルナコ夫婦と同じB型夫婦の
夫婦漫才が垣間見えて超楽しいの
ブログを始める前のコメントを読んでただけで
笑えたから!ルナコ今一押し
エミちゃん にも速攻教えちゃった


ちょっと思い出したことがあったので書いてみるね


私の呑みピークは22歳~25歳くらいまでかな
入社してすぐの新人歓迎会からへっちゃらで呑んでたから
会計課だったのにも拘わらず営業さんに誘われて
得意先の接待とかにもついていったのね、のこのこと
相手先も同じ課のお姉さまを連れてくるわけ

25cans(雑誌ね)から抜け出てきたような
パリッとしたパンツスーツをまとった天下の三○物産の
キャリアウーマン(私語?)な方とかと
よくご一緒したな。こちとら地味~なメーカーなので
大人しく呑んで食べて…
でそのうちルナコさん強いねって話になって
顔色ひとつ変えないで2合徳利5本くらい空けてたから

ある日違う商社のお姉さまから私宛にFaxが入ってきて
来週の金曜日赤坂の居酒屋で待つ
そう、果たし状がきたの

受けてたったわ~当然じゃん
男性はぬきで女性ばかり5人くらいだったかな
先方も生え抜きをチョイスしてね

でも流血も気絶もなく和気あいあいと呑み続け
とにかくそのテーブルだけお銚子の数が半端じゃなかった
のは憶えてるな~途中で片付けられちゃって
正確な数は分からないんだけど
一人平均1升は呑んだと思う
さらにワインも呑んだし
とても楽しいお酒だったわ
当然お互いの会社事情を暴露したり
イケメンは誰だとかガールズトーク炸裂よ!
でやっぱりご馳走になり
終電間際で駅まで走り春日部まで帰ってきたの
男性がいなかったからタクシー券はもらえなかったと思う

それでも二日酔いとは無縁だったあの頃…
本気で強かったんだと思う
今はもうダメだけど

要するに私のOL時代は酒ぬきでは
語れないわけなの

当然失敗談も数え切れないほどある

長くなってしまったので
それは次回ということで…


聖子ちゃんの歌で一番すきなのは~
「制服」 知ってる人いるはず
 ♪卒業証書抱いた傘の波に紛れながら
  自然にあなたの横並ぶように歩いてたの  って歌よ

  あなたは?


なんで失敗談を話さないのよ!って
思った方はポチっとお願いします



人気BlogRanking"

2008.10.07 00:20 | Comment(26) | Trackback(0) | OL話 | Edit

私のOL時代~バブル期真っ只中~

バブル景気とは

バブル景気(バブルけいき)とは日本の経済史上で1980年代後半~1990年代初頭にかけてみられた好景気である。指標の取りかたにもよるが、概ね、1986年12月から1991年2月までの4年3か月(51ヶ月)間を指すのが通説となっている。この場合、いざなぎ景気(1965年11月~1970年7月の4年9か月(57ヶ月)間が通説)に次ぐ戦後3番目に長い好況期間となる。

ウィキペディア 参照

なんかリクエストが多かったので少しだけ
ってほんとあんまり覚えてないのよ
昨日のことだって曖昧なのに

卵 158
引き出しをひっくり返して一枚みつけたよ
1990年の日付けなので↑によると
その頃だよね
黒地にバラだよ
これは友達の結婚式の2次会かな
服を買ったのはその2年くらい前だから
凄い肩パットでしょ?あれ?自前??
なんで白いタイツを合わせたのかは謎



私の就職先はお堅いメーカー
さっきぐぐったら総社員数25000人だって
すごい~
景気がよかったのですんなり入社

毎日楽しかったことしか憶えてないのよ
お給料全部旅行と洋服代に消えたこととか

あ昨日の ママンさん のコメで
「もてたでしょ?」ってあったな
その話を少しだけ

そりゃ~もてたよ~
おじさま限定だけど
同期や少し上の人には全くもてなかった!
もう呑み仲間ってかんじ
呑みにいっても皆つぶれちゃって
私が最後に会計とかするんだもの
女性ホルモンが完全に欠落してたと思う
彼氏もいたし、社内恋愛なんて皆無だった


海外事業部っていう部にいたんだけど
得意先や外国のお客様の接待が主みたいな
ところがあってね
国内事業部の顧客とかもこちらに回ってきたりしてた
とにかく毎晩のようにどこかの部で接待があって
それにいつも駆り出されてたの
嫌がってる人もいたけど私は大歓迎
美味しいものが食べられるし~沢山呑んでも
怒られないし~若かったな、ほんと
ちゃんと仕事もしてたよ
Telex 知ってる人~いないか
それを打って海外の支店に送ったり
あとは事務処理もばっちりやってたよ
PCが普及したのはだいぶ後のこと


その頃は少し役職がついてれば交際接待費が
ばんばん使えたの
使わないと減らされちゃうから

日本橋、八重洲、銀座いろいろいったな~

そんなフェロモンゼロの25歳くらいのとき
いつも誘っていただく部長に呼ばれ
(社内メールなんて無いからね)
小声で今日6時に受付にきてね
っていつもと違う声色で言われた

はは~んきたなと思った私
実はこの部長、見た目が結構よい
女癖が悪いので有名
先輩から気をつけるように言われてた
まぁそこでひるむ私ではないので
は~いわかりました~と部長をあとにした
いつもご馳走になってるし(自分のお金じゃないけどね)
さてどうするかと

ドタキャンとバックレは私の辞書にないので
行くといったからには受けてたたなければ


約束の6時

仲良しの酒豪3人を連れて受付へ
「ご一緒させていただきま~す」
合計5人で超高い寿司屋にいったさ
呑んで食べて一人30000円くらいは
いっちゃったかも
当然タクシー券をみんなで頂いて帰ったよ

次からは誘われなくなったけど
一番いい方法だったと思う

とにかく呑んでばかりのOL時代だったな
(え?今も?)
周りの人に恵まれてたとも思う

またなにか思い出したら記事にするね
あんまり面白くなかったらゴメンね




人気BlogRanking"


本日は月末の資金繰りに走りまわってます
応援のみになるかと思います
かたじけないっ
2008.09.30 00:10 | Comment(29) | Trackback(0) | OL話 | Edit
«PREV | PAGE TOP |  NEXT»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。